上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
再開したC.205ver.REAF、難しいことは解りませんが
基本的にWWⅡ時のイギリス空軍の塗装と同様なようですぅ~

今回使う塗料は↓(※ソリッドカラーをエアブラシ用に濃度調整したものっす)
2010-050.jpg
ソリッドカラーは濃いため1/5程度の使用で、GSIの別瓶30cc以上となります
ってコトは、エアブラシ用だと150cc~200cc程度になる訳で、一生困らないくらい有ることに・・・・・_| ̄|○
※字が適当なのは性格上の本題ですぅ~申し訳ありませぬぅ~

でっ
本日の本題・・・・・
微妙に解らないのが、機体下面のアズブルーって色
スケールエフェクトの為、瓶生=本当の色ならば、よりは明度を上げるのがベストだと思うのだが
とりあえず瓶生もしくは調合したままでのもので比較っす

BOXアートでは、ソリッドカラー瓶生に近い感じ
2010-049.jpg
ちょいとハンブロールのマスコールみたいな色っす

が、↓の本では
2010-048.jpg

キットの塗装指示書の配合に従って調合した色が合っているような気がするっす
2010-047.jpg
でも、ちょいと青々しいかなって気がする・・・・

あと、サフは↓の新規購入ものを使用しようと思いますぅ~
2010-046.jpg

でっ、機体の塗装・・・・・
さてどうしよう・・・・って悩む前に、L5出さなきゃ何も出来ないわけで・・・・ヽ(`Д´)ノ




スポンサーサイト
忠実に行こうってことで
C.205の進捗報告
本日は、機体下面のラジエター部分からっす
資料本は↓な感じっす
2010-044.jpg
ラジエター端部がL型に折れて、機体下面に張り付いている感じっす

でっ
ラジエターパーツに合わせて、プラペーパーを切り出して接着っす
2010-042.jpg
これに、ラジエターのパーツを合わせると↓な感じ
接合面に、溶きパテ+エナメル溶剤拭き取りに、もう少し薄くしたなら、
それらしく見えると思う・・・・タブンねっヽ(`Д´)ノ
2010-043.jpg
ででつ
何故こんな面倒なことをしたかと言うと・・・・・
ラジエターパーツと機体下面の合わせ目が目立つので、アラ隠しっす・・・・ヽ(`Д´)ノ

でっ、押し入れに202・205がまだ眠っているので備忘録・・・・
↓の部分のパーツ、合いが非常に悪いっす
2010-045.jpg
画像は摺り合わせた後なので、そこそこ繋がって見えますが要注意っす
パテも痩せてるし・・・・・まだまだ先は長いっすょぉぉぉ・・・(`ー´)

何気なく中断していたプラモですが、
ちょいとやる気になってきましたょぉぉぉ(`ー´)
再開は↓からっす
2010-035.jpg
変なところが気に入らず、中断していましたが本当に再開ですぅ~
がんばって正月休み中に完成させられたら・・・・なんて考えています
さて
ガンガレルか俺・・・・・・
っていうか、ガンガルぞ俺宣言してみますぅ~

オクで落札頂いたモノの梱包完了っす↓
10-058.jpg
今回落札頂いたのはJWさんでしたょ
もう少々お待ち下さい、明日の朝発送しますねっ
でっ
やっと模型を再開っす
先ずはお手つきC.205ver.REAFからっす
何処まで進んでいたのかを確認しながらボチボチ進めたいと思います
10-057.jpg
小物を少し進めたら、サフかな・・・・・

なんて言いつつ欲しいモノ発見
エデュの110GのWeekend版が出るようで・・・・チョイと気になりますょぉぉぉ(`ー´)
10-059.jpg
このキット、店頭で全く見ないのは自分だけ?
やっと本当に作りたい気分に・・・・・・
でっ
C.205を本当に再開っす
先ずは、エアフィルターのデッチアップと
下面のインタークーラー?にプレートを追加のデッチアップですぅ~

ただパーツにプラぺーパーを貼るだけと
パーツにレーザー鋸でスリットを入れて、プラペーパー挟むだけの作業ですが
道具探しからの再開なので・・・・・・結構大変でしたょ
09-060.jpg

毎日コツコツやれるか・・・・やるのか・・・・・
コイツが一番の問題ですぅ~ヽ(`Д´)ノ
まっ
ボチボチと逝きますょぉぉぉぉ~
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。